鹿島アントラーズFCとの連携について

  平成21年12月15日茨城大学において鹿島アントラーズからの寄付金贈呈式が行われました。鹿島アントラーズFCの大東和美社長が来学し直接池田茨城大学長に贈呈しました。教育や研究及び学生の支援を目的に贈呈されたもので、池田学長は「たいへんありがたい、有効に使わせていただきたい」と述べられました。
 茨城大学と鹿島アントラーズ間では平成17年、連携協力協定を締結し、相互に講師派遣や公開講座の開講など積極的な事業を展開しております。
 平成21年度からは連携事業の強化を図り、ユースチームへの練習場の貸与や本学学生や教職員によるアントラーズ応援ツアーの実施、大東社長と池田学長とのトップ会談の実施などで今後、更なる連携推進を目指して参ります。
 平成22年3月6日に開催された平成22年Jリーグ開幕戦(対浦和レッズ)には、池田学長等が招待を受け観戦を行いました。地域貢献を掲げる本学にとって鹿島アントラーズとの連携は意義深いものがあります。今後もアントラーズとの積極的な事業展開を推進して参ります。

平成21年12月15日寄附金贈呈式の様子(左:池田 幸雄茨城大学長 右:大東 和美鹿島アントラーズFC社長)
2010年3月6日Jリーグ開幕戦(対浦和レッズ戦・於:カシマサッカースタジアム)観戦の様子
スタジアムに掲示された本学の電光掲示
観戦終了後の記念撮影

 




表紙のページに戻る

茨城大学 地域連携推進本部
Copyright(c) 2005-2006 Head Office of University-Community Partnership, Ibaraki Univ. All Rights Reserved.