平成15年度の活動実績(10月から3月) [新しいものから掲載されています]


平成16年3月29日(木) ■ 教育学部が水戸市教育委員会と地域連携に関する協定を締結しました
 
教育学部では、3 月29日(月)水戸市教育委員会と地域連携に関する協定を締結しました。
 この協定は、教員志望の学生を水戸市内の幼稚園や小中学校で授業の体験活動をさせたり、幼児、児童、生徒の学校園生活支援活動に学生を派遣するボランティア事業をおこなうもので、平成16年 5月から実施予定です。学生にとっては教育現場を経験し、より実践的な指導力が身につけられる貴重な機会となります。
 調印式には、水戸市より市長、教育長、本学からは池谷副学長、菊池学部長らが出席し、より連携を強化することが確認されました


 

平成16年3月7日(日)■ パネルディスカッション「パートナーシップによる茨城型グリーンツーリズム推進のために−文化交流から交流ビジネスへの展開に向けて−」を開催しました
時間:14:00〜17:00
場所:里美村役場会議室
参加費:無料
(案内はこちらです・PDF142KB)
 
平成16年2月19日(木) ■ 平成15年度環境にやさしい農業推進大会を開催しました
 2月19日(木)茨城県との共催で「茨城県環境にやさしい農業推進大会」を茨城県総合福祉会館において開催しました。
 同大会は、文部科学省地域貢献特別支援事業として、環境にやさしい農業を県民一体となって推進しようと茨城県との連携で開催したものです。
 本学からは農学部長、関係教官が、茨城県からは農林水産部技監を始め県関係者が参加。県内各地からは農業者、農業団体、消費者代表など約 350人が参加しました。はじめの基調講演では、たい肥・育土研究所主宰の橋本力男氏による「たい肥と土の健康について」が行われました。続いて、「消費者とともに取り組む土づくり」をテーマにパネルディスカッションが行われ、県内で土づくりなどに取り組む個人や団体がそれぞれ の活動状況について報告があり、会場からの質問や活発な意見交換が行われました。
(要領はこちらです・PDF99KB)
(ポスターはこちらです・PDF88KB)
 

 
 


 

平成16年2月18日(水) ■ 県北活性化・経営革新オープンセミナーを開催しました
時間:13:00〜16:45
場所:ホテルサンガーデン日立(日立市幸町1‐20‐3(日立駅前))
参加費:無料
(案内はこちらです・PDF175KB)
 

平成16年1月28日(水) ■ 茨城県教育の課題と求める教師像の講演会を開催しました
 教育学部では、1月28日(水)教職を目指す学生を対象に茨城県教育庁義務教育課長 飯島  勇氏を講師に迎え、「本県教育の課題と求める教師像」と題して講演会を実施しました。  当日は、三年生を中心に160余名の学生と学部長をはじめとする教官も参加しました。講演後は、活発な質疑応答があり、参加学生からは教職に対する認識を深める良い機会になったと好評でありました。

 

平成16年1月24日(土) ■ 地域づくりのパネルディスカッション「21世紀の地域づくりを誰がどのように担うか」を開催しました
 1月24日(土)人文学部10番教室において、公開シンポジウム「21世紀の地域づくりを誰がどのように担うか」を開催しました。
 このシンポジウムは、地方分権が進み自立が求められる中、地域づくりの担い手はどうあるべきかを考えるために、本学地域総合研究所と県地方自治研究センターが企画したものです。
 シンポジウムは、はじめに宮田学長の挨拶のあと、続いて行政や議会、金融機関、NPO法人の代表らがパネリストとして参加し、それぞれの立場から地域の現状認識を語りました。また、@NPOと行政のかかわり方、A水戸メガモール問題、B子育て環境の3点 について活発な意見交換を行い、今後の地域づくりの在り方を探る有意義な機会となりました。

  (案内はこちらです・PDF115KB)
 

平成16年1月23日(金) ■ 「特別支援教育における私たちの役割」公開セミナーを開催しました
 
1月23日(金)本学教育学部附属養護学校では、「特別支援教育における私たちの役割」というテーマで東海村文化センターを会場として公開セミナーを行いました。
 当日は県内外から教育関係者だけでなく、保護者や福祉関係者など 300名近くの参加者がありました。午前中は、これからの特別支援教育の動向についてのガイダンス(県教育庁特別支援教育課指導主事加瀬俊一氏)や、小学校教員、児童相談所職員、保護者及び本校教諭を交えてのパネルディスカッション(県教育研修センター相談員・清水紀弘氏司会)を行い、午後は明治学院大学・緒方明子氏による「これからの特別支援教育とコーディネーターの役割」という演題で講演会を行いました。パネルディスカッションでは、障害のある子の保護者がパネラーに加わり、これからの特別支援教育において各機関・それぞれの立場の連携が大 事であることが再確認されました。質疑応答も活発で、会場が一つになったセミナーとなりました。

 

 

平成16年1月9日(木) ■ 学習教材開発に向けたパネルディスカッション「教育現場におけるものづくりニーズ」を開催しました
時間:15:00〜17:00
場所:日立地区産業支援センター
受講料:無料
(案内はこちらです・PDF58KB)
 

平成15年12月16日(火) ■ 社会貢献・地域貢献に関する全学シンポジウム「茨城大学における社会貢献・地域貢献の方向と課題」を開催しました
 12月16日(14:00-17:00)、本学では、約80名の教職員及び茨城県の担当者が参加のもと、社会貢献・地域貢献に関する全学シンポジウムを大学会館で開催しました。
 これは、本学のこれまでの社会貢献・地域貢献の実績を踏まえ、将来を展望し新の大学全体として地域に根ざした組織的・総合的な取り組みと具体的事業をなお一層推進するため「茨城大学における社会貢献・地域貢献の方向と課題」をテーマに開かれたものです。
 前半は、宮田学長の挨拶、三村地域連携推進小委員会委員長によるテーマ等の趣旨説明、三つの各専門部会座長から「地域連携の課題と展望」ついて発表があり、後半は「地域か   らの要望と茨城大学の取り組み」をテーマにパネル討論を行いました。
 パネル討論では、藤沼茨城県商工労働部工業技術課長及び茨城県から派遣された3名のパネリストがそれぞれ茨城県の現状と茨城大学に対する期待について発表がありました。
 会場の参加者からは建設的な発言が多く出され、活発な議論が展開され、「現状をよく理解できた。」、「専門を生かして地域貢献活動に参加したい。」などの感想が寄せられました。

写真は当日の様子です。

宮田学長の挨拶

「趣旨説明」三村委員長

会場風景

「地域連携の課題と展望」福澤専門部会長

「同」天野専門部会長

「同」尾崎専門部会長


「パネル討論」
コーディネーター及び本学パネリスト


「パネル討論」
茨城県パネリスト

「地域からの要望」
藤沼商工労働部工業技術部長

「地域からの要望」
佐藤農林水産部農村環境課技佐

「地域からの要望」
邊田教育庁高校教育課副参事

会場から質問に答える工学部乾教授

会場から質問に答える教育学部大辻助教授

質問する小澤客員教授

質問する上野客員教授
 


平成15年12月12日(金) ■ 留学生センターシンポジウムを開催しました
 
12月12日(金)留学生センターでは、「大学は留学生センターに何を期待するか−留学生センターの現状と在り方−」と題したシンポジウムを市内のホテルで開催しました。
 このシンポジウムには、全国17大学の留学生センター関係者と主催者大学から池谷副学長、相澤留学生センター長、各学部の留学生センター運営委員等が参加しました。
 主催者を代表して池谷副学長が挨拶し、次いで、相澤留学生センター長の趣旨説明の後、第一部「留学生センターの組織と管理運営」、第二部「留学生センターの任務と活動」、特に、今回シンポジウムでは留学生センターと学部との関係に焦点を当て、主催大学の学部教官にも発言を求めて、留学生センターの役割やその責任、大学内での位置づけなどについて、活発な意見交換が行われました。
 
平成15年12月4日(木)■茨城大学・筑波大学・茨城高専・中小企業合同技術交流会を開催しました
時間:13:30〜17:30
場所:ホテルサンガーデン日立(日立市)
(案内はこちらです・PDF290KB)



平成15年12月1日(月)〜平成16年1月31日(土)■茨城県動画教材コンペティション2003
参加資格:茨城県内小・中・高校等教職員他
(案内はこちらです・PDF77KB)
詳しくは、こちらのホームページをご覧ください。



平成15年11月30日(日)■ボランティア活動推進講座の公開シンポジウムを開催しました
テーマ:「ボランティア社会の可能性」
時 間:13:00〜15:00
場 所:茨城大学共通教育棟
どなたでも参加できますので是非とも参加ください。
(ポスターはこちらです・PDF180KB)
 

平成15年11月26日(水)■「第3回ひぬま環境フォーラム“望ましい涸沼の環境を考える”」シンポジウムを開催しました
 水・自然環境の保全と活用事業の涸沼WGでは、「クリーンアップひぬまネットワーク」と協力して、「第3回ひぬま環境フォーラム“望ましい涸沼の環境を考える”」シンポジウムを開催しました。
時間:13:15〜16:00
場所:いこいの村涸沼大ホール(鹿島郡旭村箕輪3604 Tel:0291-37-1171)
(案内はこちらです・PDF20KB)

 

平成15年11月24日(月)■ 外国人留学生が邦楽コンサートを鑑賞しました
 11月24日(月)本学の外国人留学生は、日立中央ロータリークラブの招待を受け、日立市シビック音楽ホールにおいて開催された、柳内芸術音楽院の「邦楽コンサート」を鑑賞しました。
 柳内呈留摩さんは日立中央ロータリークラブの会員で、今年5月に水戸東ロータリークラブと「茨城大学留学生との心の交流会」で邦楽を演奏した縁で今回の招待が実現しました。招待された外国人留学生は、日本の伝統芸術である尺八や琴の音色に熱心に聞き入っていました。また、特別出演した俳優の渡辺裕之さんのドラム演奏や日本交響楽団の演奏などを楽しみました。
 コンサート終了後は、ロータークラブ会員やコンサート関係者との交流会にも招待され、思いがけないもてなしに参加者は感激していました。

 

平成15年11月14日(金)■ 第2回ひたちものづくり協議会の大学研究室見学会・交流会を開催しました
場所:茨城大学共同研究開発センター(日立市中成沢町4−12−1 Tel:0294-38-7092)
(案内はこちらです・PDF15KB)

 

平成15年11月12日(水)■ 茨城大学工学部研究室訪問交流会を開催しました
 11月12日(水)茨城産業会議(茨城県商工会議所連合会、茨城県商工会連合会、茨城県中小企業団体中央会、茨城県経営者協会)との連携に伴う事業として「工学部研究室訪問会」を開催しました。
 この事業は、企業が大学との共同研究に前向きに取り組めるよう、本学の研究内容、技術シーズ及び共同研究に関する制度等の具体的な情報を提供することを目的としたもので、企業関係者43名が参加しました。はじめに山形工学部長の挨拶、続いて福澤共同研究開発センター長の「共同研究の実際」及び乾工学部教授の「共同研究の成功事例紹介」の説明後、参加者から活発な質問が寄せられました。続いて参加者は、4班に分かれて情報関連5学科の研究室を訪問、学科の教員及び大学院生が研究内容等を説明・紹介しました。その後、企業関係者 及び大学関係者出席のもとに懇親会が開かれ、共同研究等を中心に情報交換を深めました。参加者からは「多くの知見を得ることができ有意義だった」、「このような企画を 続けて欲しい」などの要望が聞かれました。
(要項はこちらです・PDF21KB)
(ポスターはこちらです・PDF110KB)
写真は当日の様子です。



乾教授の 「共同研究の事例紹介」



熱心に聞く参加者


「研究室紹介」
機械工学科 田中研究室


「研究室紹介」
システム工学科 梅津研究室


「研究室紹介」
都市システム工学科 桑原研究室


「研究室紹介」
メディア通信工学科 尾保手研究室



山本忠安日立商工会議所会頭の
交流会開会の挨拶

交流会の様子 1

交流会の様子 2

小林照穂(財)常陽地域研究センター
専務理事の閉会の挨拶


平成15年11月5日(水) 工学部で「高校・高専との交流会」を開催しました
 
11月5日(水)工学部では、「高校・高専との交流会」を、県内及び隣接する県の高校・高専からの進路指導担当教員37名の参加の下に開催しました。
  午前中に山形工学部長の挨拶、高橋入試検討特別委員長から学部の概要説明、各学科長による学科紹介、及び矢内学部長補佐(広報担当)から11月15日、16日に開催される「こうがく祭」の紹介が行われました。
 午後は、機械工学科、メディア通信工学科及び総合情報処理センターの見学が行われ、参加した各高校の教員は、各学科等の説明に熱心に耳を傾けていました。
 この後、学部長、各学科長等との懇談会が開催され、出席した教員から学生指導上の多くの質問が寄せられ、個別事業ごとに分かれて担当教官から丁寧な回答を行っていました。
 最後の交流会では、大学と高校・高専という異なる立場の教員同士が率直な意見を出し合い、有意義な情報交換の場となりました。

 

平成15年10月25日(土)〜11月30日(日) 平成15年度ボランティア活動推進講座を実施しました
同講座は、学生51名、一般32名の受講生により、10月25日(土)から始まりました。
写真は開講式の様子です。


松井宗彦生涯学習教育センター長の挨拶

 


山崎裕茨城県生涯学習課課長補佐の挨拶

 



1.目的
本講座は、中央教育審議会答申『青少年の奉仕活動の推進について(平成14年7月0129日)』を受け、社会貢献と青少年育成のための奉仕活動に従事する人材を養成し、 併せて大学と自治体との連携及び地域住民との交流を図ることを目的とする。

2.講座を行う機関名
茨城大学及び茨城県教育委員会による共催事業

3.講座の期間及び会場
(1)期間 平成15年10月25日(土)から11月30日(日)まで
(2)会場 茨城大学共通教育棟2号館2階26番教室(茨城県水戸市文京2−1−1)
電話 029(228)8413(茨城大学総務部地域連携推進室生涯学習係)
ただし、第11回以降は1階の10番教室で行います。

4.カリキュラム及び場所

講座日時 ・科目・担当予定講師
会場
[第1回]平成15年10月25日(土) 10:00〜12:00
「ボランティアの歴史と考え方」 茨城大学人文学部/教授 松 村 直 道
茨城大学 26番教室
[第2回]平成15年10月25日(土) 13:00〜15:00
「国際化社会とボランティア」 茨城県国際交流協会交流推進課/課長 岩 本 郁 子
[第3回]平成15年11月1日(土) 10:00〜12:00
「市民参画社会とボランティア」 風・土・まち研究所 伊 藤 智 毅
[第4回]平成15年11月1日(土) 13:00〜15:00
「男女共同参画社会とボランティア」 茨城県立女性プラザ/館長 和 田 洋 子
[第5回]平成15年11月8日(土) 10:00〜12:00
「生涯学習社会とボランティア」 茨城大学生涯学習教育研究センター/助教授 長谷川 幸介
[第6回]平成15年11月8日(土) 13:00〜15:00
「循環型社会とボランティア」 NPO法人エコタウンほこた/代表 坂 東 秀 樹
[第7回]平成15年11月15日(土) 10:00〜12:00
「ボランティアアクションと行政」 茨城県教育庁生涯学習課/課長 助 川 幹 夫
[第8回]平成15年11月15日(土) 13:00〜15:00
「生涯スポーツとボランティア」 茨城大学教育学部/教授 日 下 裕 弘
[第9回]平成15年11月29日(土) 10:00〜12:00
「インターンシップ」(実地研修) 会場
(1)鉾田町環境学習施設 坂 東 秀 樹 会場
(2)水戸市福祉ボランティア会館 井 上 利 昭 会場
(3)日立市塙山コミュニテイセンター 西 村ミチ江
各センター
[第10回]平成15年11月29日(土) 13:00〜15:00
「インターンシップ」(実地研修) 会場
(1)鉾田町環境学習施設 坂 東 秀 樹 会場
(2)水戸市福祉ボランティア会館 井 上 利 昭 会場
(3)日立市塙山コミュニテイセンター 西 村ミチ江
[第11回]平成15年11月30日(日) 10:00〜12:00
「講演会」 伊達市地域生活支援センター/施設長 小 林 繁 市
茨城大学 10番教室
[第12回]平成15年11月30日(日) 13:00〜15:00
公開シンポジウム 「ボランティア社会の可能性」
コーディネーター/茨城大学生涯学習教育研究センター長 松 井 宗 彦
シンポジスト/茨城大学生涯学習教育研究センター助教授 長谷川 幸介
シンポジスト/伊達市地域生活支援センター施設長 小 林 繁 市
シンポジスト/水戸市社会福祉協議会・ボランティア振興係長 井 上 利 昭
シンポジスト/受講生の中から選抜 (一般代表)
シンポジスト/受講生の中から選抜 (学生代表)

5.募集人数
75名(茨城大学学生50名、一般25名)

6.受講資格
(1)「コーディネーター」としてボランティア活動の中心的な役割を担える者
(2)積極的にボランティア活動に参加する意欲のある者

7.受講の申込み
受講希望者は、次の機関に申し込むこと。
(1)茨城大学学生 茨城大学学生部学生課教養教育係
(2)一 般 往復ハガキで申し込むこと。
(申込先)
茨城県教育庁生涯学習課振興担当(担当 櫻井)
〒310−8588 水戸市笠原町978番6 電話 029(301)5318 

8.受講の選定
受講の選定は、希望理由等を審査し、次の者が行う。なお、選定結果は、平成15年 10月中旬に各機関から受講者へ通知する。
(1)茨城大学学生 茨城大学大学教育研究開発センター長
(2)一 般 茨城県教育委員会教育長

9.受講の申込期間
平成15年9月22日(月)〜30日(火)(必着)

10.修了の認定
(1) 茨城大学学生 茨城大学の成績基準を満たした者については、「総合科目2単位」 を認定する。
(2) 一 般 全プログラムの3/4以上を出席した者については、「修了証書」を授与する。

11.受講に要する経費
無 料 
(ただし、講座に必要なテキスト、参考書等の購入費及び交通費等は各自で負担する。)

12.その他
(1)会場へは、原則として公共の交通機関を利用すること。なお、茨城大学構内駐車場の利用を希望したい者は、あらかじめ申込書にその旨を記入すること。
(2)日程、担当講師等については、都合により変更する場合がある。


平成15年10月24日(金)〜25(土) ■ひたち中小企業テクノフェア&ひたち先端技術マーケットを開催しました
基調講演: 「産学連携強化が地域を変える」
場所: 〈展示会場〉ひたち新都市広場地下マーブルホール
〈講演会場〉 日立商工会議所4階ドームホール

〈講演会場〉 日立商工会議所4階ドームホール

詳しくは、中小企業総合事業団ホームページの「平成15年度研究開発交流会(茨城地区開催分)のご案内をご覧ください。

(ポスターはこちらです・PDF659KB)
(プログラムはこちらです・PDF391KB)



これまでの取り組みのページに戻る  4月〜9月の取り組みを見る

茨城大学 地域連携推進本部
Copyright(c) 2005 Head Office of University-Community Partnership, Ibaraki Univ. All Rights Reserved.