20年度地域参画プロジェクト応募要綱

<学生地域参画プロジェクトとは>

茨城大学地域連携推進本部の重視する活動分野の1つである「学生地域参画支援」について、茨城大学学生が地域社会との連携を積極的にすすめられるように、「学生地域参画プロジェクト」を設け、これを支援します。


<これまでの実績>

これまで実施したプロジェクトの報告書を掲載しております。
[平成19年度] 10件実施
[平成18年度] 9件実施
[平成17年度] 6件実施

 

<応募要項>

■募集プロジェクト
 地域社会と連携した、社会貢献につながるプロジェクトであり、応募分野は次のとおりとします。
    ◆教育・研究プロジェクト  ◆ボランティアプロジェクト  ◆課外活動プロジェクト
    ◆地域交流プロジェクト   ◆国際交流プロジェクト
  ※なお、サークル活動のための物品購入を目的とした応募は控えてください。
   
■注意事項
(1)卒業論文、卒業研究で取り組む内容のものでないこと。
(2)年度内に終了する単年度企画であること。但し、実施に複数年を要する場合は、次年度に継続申請できます。
(3)1件あたりの支援額は50万円を上限とし、下限は設けません。
(4)物品、施設等については、借用を基本とします。また、購入物品は保管場所・保管責任者等を報告するものとします。
(5)消耗品の購入は、原則として12月19日までとします。
(6)その他についての照会は、電子メールで茨城大学地域連携推進本部事務局まで。
  ※会議費(弁当及び飲み物代)は支給しません。
  ※必要経費内訳については見積書も添付してください。
  ※講師謝金の立替払いについては原則不可とします。
  ※申請書等は早めに提出してください。

■応募資格
本学の学生(大学院生・留学生を含む)であること。個人又はグループを問わず申請が可能。また、教職員と連携して学生が主体で行うものも申請可能。



<スケジュール>

■申請書等に関する説明会
平成20年5月28日(水)14:00から。詳細は学生用掲示板に発表します。

■応募方法
所定の「申請書」を記入・作成の上、以下の日時に水戸地区は学生生活課、日立地区は学務第二係、阿見地区は学務係に提出します。
平成20年6月11日(水)及び6月18日(水)の2日間 13:30〜16:30

■プレゼンテーション
(1)平成20年7月2日(水)14:00から。詳細は学生用掲示板に発表します。
(2)1企画当たりのプレゼンテーションの時間は、質疑応答を含め10分とします。
(3)審査は
  (1)プロジェクト内容と支援経費の主旨との整合性
  (2)計画の独創性・魅力
  (3)計画の実行可能性
  (4)得られる成果・効果等
  (5)総合評価
  の5つの観点から行います。

■採否の発表等
(1)平成20年7月9日(水)。なお、ホームページ、学務部掲示板及び各学部掲示板にて発表します。
(2)平成21年1月14日(水)(予定)に、プロジェクトの実施状況をまとめた報告会を開催し、特に学長が認めた場合は、優秀プロジェクトとして顕彰を行います。

■日程
プレゼンテーション実施日       平成20年7月2日(水)14:00から
採否発表               平成20年7月9日(水)
プロジェクト実施説明会        平成20年7月16日(水)14:00から
プロジェクト実施期間         平成20年7月16日(水)から12月19日(金)
プロジェクト実施報告会        平成21年1月14日(水)14時から(予定)

 

<各種様式のダウンロード>

こちらから様式をダウンロードしてお使い下さい。
応募要項 Word版 PDF版
様式1(申請) Word版 PDF版
様式2(報告) Word版 PDF版
様式3(購入備品保管状況報告書) Word版 PDF版
様式4(購入備品保管状況報告書記入例) Word版 PDF版

事業会支援事業ロゴ 横書き版(epsファイル) 縦書き版(epsファイル)
事業会支援事業ロゴ 横書き版(jpgファイル) 縦書き版(jpgファイル)
事業会支援事業ロゴ 横書き版(pngファイル) 縦書き版(pngファイル)

<お問い合わせ>

■問合せ先
茨城大学地域連携推進本部事務局
「学生地域参画プロジェクト」担当 (学術企画部研究協力・地域連携課内)
Tel: 029-228-8585
電子メールでのお問い合わせ


<リンクについて>
本webサイトへのリンクは原則的に自由に設定していただけます。



ひとつ前に戻る

茨城大学 地域連携推進本部
Copyright(c) 2005-2006 Head Office of University-Community Partnership, Ibaraki Univ. All Rights Reserved.