茨城大学・茨城県・茨城産業会議連携講演会「いばらきの地域資源とサステイナビリティ」を開催いたします。

 

 2011年の東日本大震災を契機としてエネルギー、食料、モノなど様々な地域資源の重要性が再認識されています。地域資源を有効活用するためには、地域に存在する資源をよく理解し、人や技術を媒介して新たな地域づくりを目指すことが求められています。本講演会では地域の実情に応じて様々な手法を駆使して地域づくりを実践されている学識経験者、行政、民間の方々をお招きし、地域の持続可能な社会づくりを広く議論いたします。各方面から多くの皆さんのご参加をお願いいたします。




日 時  平成25年11月19日(火)13:30〜16:20
場 所  水戸京成ホテル   
      〒310-0011 水戸市三の丸1丁目4−73(水戸駅北口から徒歩3分)
      TEL:029−226−3111
参加費  無 料・申込み不要 (どなたでもご参加いただけます)
主 催  茨城大学・茨城県・茨城産業会議


プログラム(総合司会:田中健次 茨城大学地域連携推進本部長)

13:30〜13:40  開会 学長挨拶 茨城大学長 池田幸雄

13:40〜14:45  基調講演
   「ICTインフラと人のつながりがつくるグリーン社会」
   慶應義塾大学 政策・メディア研究科 教授 金子郁容 氏

14:45〜15:05  基調講演
   「凶暴化する気象がしめす温暖化の危険性」
   茨城大学学長特別補佐 地球変動適応科学研究機関長 三村信男 氏

15:05〜15:30  報告
   「地域での実践と課題」
   ・龍ア眞一(森と地域の調和を考える会 代表)
   ・根崎良文(茨城県企画部科学技術振興課 新エネルギー対策室長)
   ・中田 潤(茨城大学人文学部社会科学科 教授)

15:30〜15:40 休憩

15:40〜16:15 総合討論

   ・金子郁容(慶應義塾大学 政策・メディア研究科 教授)
   ・三村信男(茨城大学学長特別補佐 地球変動適応科学研究機関長)
   ・龍ア眞一(森と地域の調和を考える会 代表)
   ・根崎良文(茨城県企画部科学技術振興課 新エネルギー対策室長)
   ・中田 潤(茨城大学人文学部社会科学科 教授)

   進行:田村 誠(茨城大学地球変動適応科学研究機関 准教授)

16:20 閉会

※当日進行具合により講演時間が若干変更となる場合もございます。予めご了承下さいますようお願いいたします。

問い合わせ先:茨城大学地域連携推進本部事務局(社会連携課地域連携係)
       TEL:029−228−8585  FAX:029−228−8586
       E-mail:renkei@ml.ibaraki.ac.jp


○講演会のポスターはこちら



表紙のページに戻る

茨城大学 地域連携推進本部
Copyright(c) 2005-2006 Head Office of University-Community Partnership, Ibaraki Univ. All Rights Reserved.