茨城大学・茨城県・茨城産業会議連携講演会 「震災後の活力ある地域社会をつくる−防災と気候変動適応を問い直す−」を開催いたします

 

 2011年の東北地方太平洋沖地震からの復興において、次の地震、津波対策が課題となっています。また、2012年も日本や世界各地で猛暑や多くの異常気象が発生し、気候変動はその根本的な原因の一つと考えられます。私たちは地震などの自然災害、気候変動への対応の両方から活力ある地域社会をつくることが求められています。
 本講演会では、自然災害や気候変動の現状、さらに防災と適応策について専門家、行政、市民が一堂に会し、安全安心な地域社会のあり方について議論していきます。




日 時  平成24年12月5日(水)13:30〜16:30
場 所  水戸京成ホテル   
      〒310-0011 水戸市三の丸1丁目4−73(水戸駅北口から徒歩3分)
      TEL:029−226−3111
参加費  無 料・申込み不要 (どなたでもご参加いただけます)
主 催  茨城大学・茨城県・茨城産業会議


プログラム(総合司会:茨城大学地域連携推進本部長 田中 健次)

13:30〜  開会 茨城大学学長挨拶

13:40〜14:40  基調講演
   「茨城における新しい津波想定と防災対策」
   茨城大学地球変動適応科学研究機関・機関長 三村 信男 氏

   「地球温暖化の影響と適応〜防災と環境の視点から〜」
   九州大学大学院工学研究院・特命教授・名誉教授・日本学術会議会員 小松 利光 氏

14:40〜14:50 休憩

14:50〜16:30 パネル討論(基調講演への質疑+全体討論)
●パネリスト
 三村 信男 氏
 小松 利光 氏
 茨城新聞社報道部副部長 斎藤 敦 氏
   「茨城県における震災対応(検証311関連)、気候変動、地域の認識、ニーズ」
 行政関係者
   「産業面から震災後の活力ある地域社会づくりについて」

16:30 閉会

※当日進行具合により講演時間が若干変更となる場合もございます。予めご了承下さいますようよろしくお願いいたします。

問い合わせ先:茨城大学地域連携推進本部事務局(社会連携課地域連携係)
       TEL:029−228−8585  FAX:029−228−8586
       E-mail:renkei@mx.ibaraki.ac.jp


○講演会ポスター



表紙のページに戻る

茨城大学 地域連携推進本部
Copyright(c) 2005-2006 Head Office of University-Community Partnership, Ibaraki Univ. All Rights Reserved.