本部長挨拶

ごあいさつ
 



地域連携推進本部長
田中健次



 茨城大学は、いきいきとした「教育活動」「研究活動」に加えて、大学憲章で「地域連携活動」の 活性化を目標に掲げています。大学において「教育」「研究」「地域連携」は、個別に機能・発展するも のではありません。大学の教育力で育った人材や大学の研究成果を地域に還元するために、そして地域の 大学に対する期待や要望を受け止め、それらを教育や研究に生かしていくために「地域連携」があるのです。 そういった大学と地域とのコラボレーションがあってこそ「地域に支えられ、地域に頼りにされる」茨城 大学となるからです。
 茨城大学は、「地域と響きあう大学」を目指しており、日本経済新聞(『日経グローカル』)によ る全国地域連携ランキングで、2008年度には全国国公私立大学740校中11位に、2009年度には14位に選ば れました。そして2011年度には、731大学のなかで5位に位置づけられました。

 現在、地域連携推進本部の活動は、三つのプロジェクトを基軸にしています。ひとつは「戦略的地 域連携プロジェクト」です。これは、地域住民、自治体、企業等がもつ課題に茨城大学のもつ知的パワー を投射し、解決しようとするものです。もうひとつは「学生地域参画プロジェクト」です。これは、学生 が地域に内在するさまざまな現代的課題を洗い出し、それを学生自らが地域と連携して解決しようとする ものです。そして三つは「茨城県北ジオパークプロジェクト」です。これは、日本ジオパークに認定され た県北地域を、さらにジオパークという切口から発展させようという試みです。
 もちろん茨城大学の地域連携は、これら三つにとどまりません。地域が必要とすれば、また大学が 地域に提供できるものが策定できれば、新たなプロジェクトを起こしていくことは言うまでもありません。 というのも、茨城大学が「地域とともに発展する大学」であるために、また「地域に必要とされる大学」 であるためには、地域と共に育つ「共育活動」が地域連携だと考えるからです。


  平成24年7月

     茨城大学・地域連携推進本部長  田中健次

 


ひとつ前に戻る

茨城大学 地域連携推進本部
Copyright(c) 2005-2006 Head Office of University-Community Partnership, Ibaraki Univ. All Rights Reserved.